ラブイズオンライン

つぶやき、料理、日記など

まぼろしのきつねうどん

休日のある日用事が済んだわたしは家へ帰ってから冷蔵庫にあるうどんを食べようと考えていた。アルミの鍋に入っている、付属の調味料などとともに煮ればすぐ食べられるアレである。この間久しぶりにそれの天ぷらうどんを食べたんだけど美味しかったのでまた一応買っておいたのだ。色々用事を済ませてついでにチューハイも買ってから家へ帰ってうどんを食べた。冷蔵庫に入ってたのはきつねうどんだった。きつねうどんに卵を入れるのはたんぱく質がかぶる感じがしたので入れなかった。入れたのはネギのみ。煮ている間に洗濯物を畳み、煮えたのを食べている間に友達が来た。うどんを見て「いいなあ」って言ったんだけどお腹が空いていたので少しもあげたくなかった。しばらく食べていくうちに腹が満たされて来たので、未だ隣で物欲しそうにしている友達に「残りのうどん食べていいよ」って言ってあげた。わたしは洗い物を済ませようとして立ち上がった。

その後同居人がうちに帰って来た。同居人は帰ってくるなり叫んだ。「ああああ〜!!どうして?!」何ごとかと思ってびっくらこいたわたしは、台所のすき間から居間の様子を見てみた。今までにあまり聞いたことのない叫び声に対して、一瞬でいろんな「よそく」が頭の中に浮かび上がった。多分友達は何かを間違えてしまったのだ。それは大切なもの、例えば書類とか、眼鏡とか、鍵みたいな一つしかないものを壊されてしまった時にあげる、つまりは取り返しが効かないというときの声だって思っていたら「うどん」に対して言っていたみたいだった。「どーしてうどん、たべちゃったの?!

その後話していてわかったけどわたしの食べていたうどんは私の買ったうどんではなく、同居人がいつか食べようと思って買っておいたものだったみたいだ。しかし私が一度天ぷらうどんを買って食べたのは事実で、買おうと思った時に隣に置いてあったきつねうどんと迷ったという記憶、それからおいしかったので「また食べよう」と思ったこと→→→家の冷蔵庫にきつねうどんある、という二つの事実の間の矢印がいつの間にか省略されていて「わたしがきつねうどんを買った」ということにわたしは何の違和感もなく納得していたらしい。

出先から家にもどるまでの間、わたしの頭の中にあったうどんはわたしの買ったものでも、わたしのものでもなかった。そのことにわたしは本当にびっくりしてしまって、同居人の驚きとか、そのうどんを今何故か友人が食べていることとか、友人に分け与えて「やった」みたいな満足感もなにもかも全てが虚構だったのかと思うと、呆れる同居人の前で笑いが止まらなくなってしまったのだった。