読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブイズオンライン

つぶやき、料理、日記など

週末のあれこれ日記

 

何も書くことがないので、写真を載っけようと思います。最近ツイッターをやめたので、これからはこっちに載せていくかも知れない。

f:id:tmtkkiy:20170312210532j:image

イイねといいよの違いについて、思い付きをノートに書き留めました。「イイね!」って言ってこられると恥ずかしがり屋の人だとこれ以上知られたくなくなってしまって削除を選択してしまうこともあるかもしれないけど、「いいよ」くらいのさりげなさだとちょうどいいんじゃないかなと思う。

 

f:id:tmtkkiy:20170312210941j:image

みなさん知ってましたか?ポテトサラダに酢を入れるとプロ仕様になって美味しいです。

 

f:id:tmtkkiy:20170312214912j:image

野菜の揚げ浸し。このナスのテカり具合を見てください。

 

 

銭湯について思うこと 

ところであまり関係ないんだけど最近銭湯へ行ってきました。みなさん銭湯は好きですか?私は温泉ではなく銭湯のほうなんだけどあれがどうも苦手だ。こどもの頃からそうで、婆ちゃんと一緒に行った近所の銭湯もなんか異様な感じがしてどうにも慣れなかった。そのどちらにも食事スペースと休憩所が設置されていて、風呂というよりもこれがあるからこそ来ているような人も沢山いるのだと思う。こういった場所で人びとが望んでいるのは家の、居間にいるときのような過ごし方で、そこでは家庭のプライベートな話やだらっとした姿もなにもかもが無礼講で垂れ流しになっている。つまり人間が完璧にオフでいる時の姿を見なければならないのだ。いったい何故、生活感ありあまる姿を晒して平気でいられるのかが不思議である。「家じゃダメなのか、?」とおもう。いるのはおばちゃんや年配の人、家族連れが多いかと思いきやカップルや若いグループもけっこういる。人間がだらだらしている姿、キャハキャハしているのに対して挨拶も目線はずしもなしで居なければならないことを要求されるスペース「銭湯の休憩所」がわたしは苦痛なのである。だいたいあんなにも混んでる空間にいる人間は、今まで過ごしてきた学校や会社のようななんとなく似た統制の取れている人達とは違っていて、もちろん危ない人もいるかもしれないし、痴漢的な視線を注いでくるような変態も混じっているかもしれない。怖いと思う。だから私は銭湯にいくとむしろ疲れる。けど他の人も皆必ずしもリラックス出来てるんだろうかと思う。それは郷に入っては郷に従えのような諦めとともに「疲れない。むしろリラックスしている」という暗示をかけられている状態なのじゃないかと思ってしまう。電車などで女子高生たちがワイワイ「また」広げて話していたとしたらその姿と図太さに大人達はいろんなものを掻き乱れて思わず俯きがちになってしまうと思うんだけど、わたしとしては銭湯にいる間そういう気分で過ごしているような気がする。

銭湯っていうかリラックススペースのようなところが。

 

 

漫画を借りた

ところであとは漫画を借りてきた。本当は一週間くらい前にも漫画を借りるためにツタヤを訪れたんだけど、10冊700円という価格設定に対してびっくりしてしまい何も借りず帰ってきてしまいました。ゲオだと10冊で600円です。600円と700円の違いは重い…600円だと脳が「500円ちょい」と解釈してくれるのに対して700円だと「おい!あれもこれも買える!ぶーっ!ぶーっ!ぶーっ!(警報)」となってしまう。ゲオにおいてはさらにレジでアプリを見せたら半額になったのでうはうは借りてくることが出来ました。

借りたのは

・インベスターZ

山賊ダイアリー6、7巻

・忘却サチコ

です。

 

 

インベスターZ(1)

インベスターZ(1)

 

 

株の話です。だいたいカイジのようなテンポで話が進んでいく。ビギナーズラックとか色々と勉強になります。今二巻を読み始めたばかりなんだけど部長の神代がわざわざトリッキーな事ばかり言い主人公を痛めつける嫌な奴だと思ってたのが、神代を「S」とおき主人公を「虐げられ、それでも頑張る女子」と置き換えると何もかもが「スッ」と入ってくるようになりました。

 

山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)

山賊ダイアリー(7)<完> (イブニングKC)

 

 

山賊ダイアリー好きです。ここに書かれていた、作者が猟を続けるにあたって色々な考え方の変化が生まれてきたということが、7巻で終わってしまう理由だったのかなあなんて思っていたら巻末に「山賊ダイアリーSS」の予告が載っていたのでその辺はよく分からなくなりました。けど山賊ダイアリーを読んでいるってだけでも色々なことを言われたりした(何が良いのか分からない。臭い。ジビエどうたらこうたらほか)ので作者に対する声とかでも色々とあるのかなあと思います。

 

忘却のサチコ 1 (ビッグコミックス)

忘却のサチコ 1 (ビッグコミックス)

 

 

料理本が好きなので色々と立ち読みはするんだけどよけいな話が多くて全然いいのがないなか、これは面白かった。ギャグテイストなんですが主人公のせいで話がどんどんずれていくっていうような感じです。

なんとなくだけど漫画って筆者が女性か男性かでもだいぶ違いますね。それはいわゆる少年漫画、少女漫画というくくりでの違いかもしれないけど、女性やオタク度が高い人が書いたものの方が客観視できてないぶんギャグとかではあまり冴えてないのが多いと思う。これは面白かったけど作者が男性でした。

 

なんだかんだで色々と書いていました。それではおやすみなさい。