読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブイズオンライン

つぶやき、料理、日記など

リトルウィッチアカデミアを取り敢えず見た

アニメの「リトルウィッチアカデミア」を見た。どうしてこんなのを見ようと思ったのかというと自分でも分からないけど昔のアニメにあったものを求めてたのかなと思う。私はとにかく「軽いもの」が好きだ。ドキュメンタリーやドラマとかと、面白そうだなと思って録画したとしても重すぎる空気を感じ取って再生することなく消してしまったりする。とにかくメンタルが弱い。

で、観たんだけどまあまあだった。今回は十何話目かで途中もいいとこだったんだけど、話の内容は、落ちこぼれの魔法使い見習いが、エリート選りすぐりの魔法学校の中でかつて見た憧れの魔法使いのようになるために奮闘する、みたいな感じで、主人公は全くもってダメで成績も悪く学園追放かというところまで行っているのに全然へこたれない。無鉄砲さと明るさはワンピースのルフィみたいな感じ?けどちょっと違うのはのび太みたいに本当の落ちこぼれでしかないっていうところだった。正義感があるわけでもない、頭がいいわけでもない、優しいわけでもない、周りの生徒が何かに秀でているのに対して、「自分は何も持っていない」。

こういう、私ってなんなの?私のいいところってなんなの?という問題は、小さい頃からずーっと付いて回る問題で、そうだ、私も誰かからそれをもたらされる日を焦がれていたような気がした。誰かから私を特別なものだと認めてもらって、そこから私のちゃんとした人生が始まるんだ、っていうような無意識の希望的観測というか。主人公はけど、劇的にすごいことをするわけではない。途中でまた失敗をして、それを取り戻すために奮闘してととてももどかしくて、ぜんぜんうまく行く気配もなければ、彼女がいい子にも見えなくて、なんだか現実みたいと思ってしまった。最後にその失敗で彼女がしでかしたことに対する評価をしてくれる人が現れて、彼女がやっとその、学校から追放されるのを免れるわけなんだけど、その理由もそれほど劇的なものというわけでもない。それは彼女が出した単なる、ちょっとした勇気をたまたま評価されたことなのだった。けど生きていく上でこういうのは必要で、案外肝心な場面でそういう勇気を出すのをなまける癖が付いてしまっていたりする。一体その差っていうのは何なのだろうか。大事なのは今、さっきでも明日でもなくて、今、「ここ」なのだ。答えが欲しいのは今。助けて欲しいのは今。それを逃してしまうか、離さないか、たったそれだけで人と人は繋がってるんだなと思う。

それから、私ってなんなの、私のいいところって何なのともがくのが若者な訳だけど、そういう葛藤を超えて自分の役割を見つけ出すことが社会で大人になるということなのかなと思った。役割は常に社会のなかにいる誰かから自分のために「はい」ともたらされているものであって、それをちゃんと「ありがとう。がんばります」っていう態度で居ないといけないのだなと思った。私のいいところも、役割も、自分で主張しているだけじゃダメなんだ。それはいつも、ちょっとだけ勇気のある他人から運良くもたらされているだけのものだったのだ。勇気っていうのは、何も断崖絶壁で何かを救うっていうパフォーマンスのことではない。ただその他大勢の仮面を捨て、個人として正しく振る舞う、それだけのことでもあると思う。

綿矢りさ「勝手にふるえてろ」

今日綿矢りさの「勝手にふるえてろ」を読んだ。

他人の恋愛についての話は面白い。他の女子と自分を比べてなやみ、友達に相談しながら、妄想しつつも、それはほとんど偏愛で自分勝手に行われる。女の子はこんなふうに人を好きになるんだと思った。綿矢りささんがこんなふうにポップでユニークな視点で書く人だなんて知らなくて、ブックオフで立ち読みした時から読んでいる間ずっとドキドキしていた。

あなたが私を好きでなくなったらわたしはきっとあなたを愛するようになる、「冷たい大理石の上にねそべり、それが体温で少しずつあたたまっていくように」。主人公は自分の思いに対しては純粋で、時に単純にも見えるのに、かたや物事や周りの人間に対してはひとつ冷めた視点で眺めている。こういう「何もかも分かってるのよ、本当は」みたいなのが、多くの女性にはあるんじゃないだろうか。幸せになる方法も、お互いのどうしようもなさも痛いくらいに分かっているのにそれでもお互いが平和に、幸せに暮らせる方法を取れない。男だったらそれを「こういうものだ」と簡単に定義してしまうことができるのだろう。てもそれをしないで、俯瞰しながらも切り離せない感情とのせめぎあい、そのことを「大理石と体温」で表すような感覚にしびれてしまう。それから胸に付箋を付けたのを見た「二」が主人公を好きになった話とかも好きで、人間の営みなんてそんなものだったりするなと思う。きっかけなんて、思い出せないくらいかすかで、忘れられなくなったのはあの時「胸に付箋を付けて話してたから」なんて、人間て本当に不確かで脆くて素敵だと思う。

この物語が酷い方向へ触れず面白くなっているのは主人公に賢さがあるからなんだと思った。ちょっとだけ冷めていて、「笑っちゃうぜ」みたいのが無いと、人間はどうしても苦しくなる。物事に、他人に、それから欲求に対して支配されるんでなく、支配する側でいつも居なきゃっていう気持ちは大事だ。

 

皆どんな人を好きになるんだろう?

 

読んでてまず思ったのが、皆どんな人を好きになるんだろうっていうことだった。「好み」それはまか不思議で、他人の趣味嗜好を聞いていると他の国の文化を聞いているかのごとくな気持ちに私はなる。それはイチと二の描写がなまなましかったことによると思う。いるいる、こういう人っていう感じ。私だったら好きにならないけど、でもなんだか分かる。二はよく喋る、思い込みが激しくて自分を売り込むのがうまいタイプ。思ってることを120パーセント言って、言った後で周りに考えさせるような人間だ。イチは大人しくて、あまり皆の集まりには参加してこないけど、でも皆から好かれているような男の子。主人公はイチにちょっかいを出すのに加わるわけでもなく、ただ誰からもバレないようにずっと観察している。「私には分かってるんだよ、あなたの本当に考えていること」みたいなのって一体なんなんだろうか。女って恐ろしいことにそういう思い込みがあるんですよね。そしてほぼそれだけでイチへの愛は成り立ってしまっているのがすごい。こんなまっすぐな思い込みは十代のものでしかなくって、あの頃の愛されたいのと、悲しい程にありあまるくらいの「愛したい」という欲求を思い出す。第三者からみるとそれはもう怖さしかない。お互いに思い合っているからこそ成り立つそれが、片想いである時は身勝手にしかならないのが恋愛の残酷なところだ。恋愛なんて至近距離で見るほどに「バカみたい」なものだったんだよなあっていうのを思い出す。それほどに主人公の悩みや振る舞いはどこか痛々しくて、それは自分にも他人に伝えると途端にバカみたいになるような思い込みや、勝手さがかつてあったからだと思う。

「わたしはこの人を愛することが出来るんだろうか?」それは浮かれている最中に考えることのない、けれど現実に生きねばならないのなら誰もがいつかぶち当たる問いであると思う。ごまかしに慣れてしまった大人はいろんな言い訳を心得ていて、自分の心の内から生まれる欲求「わたしは死ぬほど愛されたいし、愛したいのだ」なんて言葉をもう、口にすることさえ出来なかったりする。だから主人公の生き方が私には突き刺さるのだ。人を真剣に愛すること、それは生きることと何故か似ていて、だから時に身勝手で、他人が見ると痛々しく感じるものなのかもしれない。

100円ショップにて

今日は100円ショップでキッチン用品を色々と買ってきた。

 

買ったもの

・塩、砂糖入れ

・グラス

・小鉢

・さいばし

・ヘラ状スプーン

・小ボウル二個

・小ザル

・ワックスペーパー

・クッキーミックス粉

f:id:tmtkkiy:20170216202338j:image

ジャーダのおもてなし料理でジャーダもこういう蓋がかぱっと取れるキャニスターを塩こしょう入れに使ってたのを思い出して、普段放ったらかしになっていた塩と砂糖入れる為にこれを買ってみました。蓋は一応しっかり閉まります。100円ショップだと蓋は載っけるだけのものもあったりするけどこれはわざわざ蓋を回転させなくてもいいし、ほぼ密閉できるので良いと思う。

それにマスキングテープを載せてみました。

マスキングテープ、もはや男子さえも「何それ?」なんて言わないくらいの知名度があるかと思いますが、二年前の私はマステの存在を知らなくて、Twitterで「またマステを買ってしまった」というツイートを見てその文脈と形状から察するに「化粧品か?」と半年くらいずっと思っていました。その後会社のおしゃれ女子がちょっとした手紙にマスキングテープを貼ってるのを見て「ちゃんとしてる!!」っていう印象を物凄く受けた為、マスキングテープになんだか憧れるように。知らない人のために書いておくとマスキングテープというのは、ホーマックでしか売っていない両面テープの事です。

あとはグラスと小鉢を買い換えてみました。いつも思うんだけど、食器が自分になじむかどうかっていうのは買ってしばらく一緒に生活してみないと分からなくて、うちにも使わなくなっていった食器がいくつかあります。こんな浅いグラタン皿どうして買ったの?みたいのだとやはりどうしてもグラタンを作る回数が減ってゆき、結局この間グラタンを作るときはこの間買った耐熱ガラスの収納容器にも出来るやつ(なんて言うの?)で代用して作った。そういえばこのガラス製の収納容器を買ってからオーブンを使う機会が増えたと思う。ガラスって良い。やっぱりいい食器があると、それに合う料理を作りたくなってくるものです。ところで十年前一人暮らしの記念としてもらった皿10枚セットとマグカップはずうーっとあって使っていて、ほぼ無意識で使って居てそれはまさに生活の一部となっているのだった。皿一つにしても、これはちょっと窪んでいるから汁があるものでも使える、とか平すぎるから載せるだけ、とか、見た目より重くて使い勝手が悪い、とか色々あって、結局気に入っているオールマイティなやつばかり使ってしまってたりする。そんなだから自分の生活に合う食器に出会えたときはなんだかとってもうれしい。使い勝手がよく、形が好きで、しかも割れにくいのって皆どこで買ってるんだろう。私はほとんどを100円ショップで買っています。今日買ったグラスを置くために棚を整理していたら、全く同じ形状で大きさ、色の違うグラスが三つも出てきたのでびっくりしてしまった。100円ショップって本当同じデザインを使い回ししているんだなあと思う。それに自分の記憶からそれ全てほぼ完全に消え去って居たことにある意味で感動して「ウオオオオオ!」と叫んでしまいそうになりました。さいばしはこれまでブログにしつこく書いた「何故買い換えてなかった?」タイプのものだったので新しく綺麗なものにやっと入れ変わったキッチンを見て嬉しかったです。

 

あとはもう誰も読んでないかもしれない単なる買い物の記録でしかないんだけど、ワックスペーパー、この間買った時はくるくる回りながら永遠に出てくるタイプだったのに、今回は折り紙様のサイズ決まったものがワンプッシュというか一枚一枚、次々と出てくるタイプに変わっていました!ワックスペーパーといいマスキングテープといい、日本人は本当に「紙」がすきですよね!!ハハハハハ!

はてな題読「短歌の目」二月

短歌の目2月のお題です - はてな題詠「短歌の目」

 

短歌の目、今回も参加させてもらいました。いつもはほぼノーリアクションなこのブログですが前回も見てくださる方がいたようで嬉しかったです。

よろしくお願いします。

 

1. 洗

洗髪時改めて思いやるつむじあなたはあの日どう見てただろ

2. 鬼

つまらないつまらない夜鬼の居ぬ間に何故だろう花は咲かない

3. 入

 「出入り口ここよ」と言われ待っていた素直さに負け骨を折る日々

4. チョコ

好き嫌い言わぬ間にチョコ溶けてゆき笑ってる娘の彼氏になりたい

5. きさらぎ

さりげないやさしさのきすきさらぎのけさささやいたきみのなは月

 

★テーマ詠「夢」

 分かりにくい君の夢聞く役目など与えて下さりどうもありがと

 

うつくしく満たされる夢受話器取る間に散り散りて口ごもる朝

 

 

以上です。ありがとうございました。

キャッシュをクリアした

最近、iPhoneの容量がほぼ9割くらい埋まってしまっていた。いつもは写真がそのほとんどをくっていたんだけど、最近はそれがLINEだったのでどうしたもんかと思ってました。LINEは仕事でも使っているので、写真やら長文やらスタンプもたくさんトーク画面に溜まっていて、でもこれを消すと後々支障をきたしそうでなかなかできない。写真が原因だった時はグーグルフォトというオンラインストレージを利用することで解決したんだけど、LINEはどうすればいいか分からなくて困っていて、色々調べてみたらやっと見つかりました。それは「キャッシュをクリア」。キャッシュって分かりますか?説明を読んでみると画像やデータの未ダウンロードのもの、だそうなんですがなかなか分かりづらく、多分友達が使っているスタンプや写真の情報、リンク先みたいなイメージで私は理解しました。LINEのその他→歯車マーク→トーク・通話→「データの削除」からキャッシュをクリアを選択してみたらデータ容量が半分くらいにすっきりしました。ヤッター!ちなみにこの「キャッシュをクリア」はツイッターアプリ、それからグーグルフォトにもそのまま応用できて、寝る前にぶちぶち地味な作業をしていたら一気に空き容量が増えたのですごいすっきりしました。

知らないうちに溜まっていくものなんですね。キャッシュって。

 

そうして今日空き容量が増えたおかげでファイアーエムブレムをダウンロードしてみました。面白いです。3DSの方で買ったファイアーエムブレムはあまりプレイしてないんだけどケータイのだとガチャとかあるので物欲が満たされそうで期待している。それからピンタレストというアプリをダウンロードしてみた。以前もダウンロードしてたみたいだけど使いこなせてなかったのが、ちゃんと見てみたら面白かった。そらともメール登録が嫌でしなかったんだっけか。ピンタレスト見ていると時間がいくらでも失われそうな感じ。ああ、海外行きたい。手作りしたい。質素に丁寧に暮らしたい。嗚呼、ああ、ああ、って感じになってくる。

 

ついでに、長く使っているアプリと、使いこなせなかったアプリを書き出してみようと思います。

 

使いこなせなかった

・Pocket

保存しても後で読み返すことがなく(ネットの記事なんてそんなもんだ)、容量が大きかったから。

・ミイル

良かったけど、容量が大きくなっていった。でもたびたびまたやりたくなってしまう

・英会話アプリ

やる気が持続しない

Instagram

だれをフォローすればいいかわからない

・ヘイデイ(写真を勝手に記録してくれる)

良かったんだけど、容量が大きい

・ピックスアート

イラスト、フォトエディタ機能は良かったんだけど、SNSとしてはだれをフォローすればいいのかわからなかった。海外の人が多く交流が出来ない。画像を見るアプリなので容量が大きい。

 

 

ずっとあるアプリ 

ゲーム系

・ツムツム

ずーっと手を付けていなくても結局はやるので、消せないアプリ。やはりディズニーの可愛らしさが大きい。私はずーっとサプライズアナしか使っていません。

 

・ヘイデイ

農場のやつです。っていうか、朝から晩まで、ちまちまと仕事で家で事務作業した後でまたなお休憩時間にこれをやっている自分ってもはや「労働の奴隷」じゃないの!?!と思ってしまう。前のケータイでけっこうレベルいってたんだけど、今のやつはまた最初からやり始めてもうすぐ街がアンロックされそうな感じです。

 

★ブログ、SNS

Twitter

なんの実りもないのに…

……

 

・tumbler、はてなブログ、ライフクリップス

あまり意味ないと思いながらもブログサーチをやめられない。

 

・うたよみん

最近見ていない。

 

★記録、文章作成アプリ

メモ帳アプリみたいのがあると取りあえず使ってみてしまいます。デザインが良くて、使い勝手が良いものを求めているんだけど、特に必要というわけでもない。

・エバーノート

自分は思い付きを書いているうちに小説風になってきたのが消したくなくて置いてあるけど、あまり使ってない。他の人、とくに仕事で使ってるわけでもない人はどうやって使ってるんだろう?

 

・モーメント

日記がわりに使っている。何故かわからないけど容量があまり増えないし、すぐにパッと書き込んで忘れられる感じがよくて夢日記とかエバーノートに書くまでもない下書きみたいな感じで使ってる。もう整理出来ない感じにごっちゃごっちゃになっている。取っておきたいのをエバーノートかtumblerにコピペしている感じです。

 

そんな感じです。tumblerの方は使い勝手があまり好きではありません。文章を書く人はきっと下書きをこちゃこちゃと弄りたいタイプだと思うんですがどうですか?なんで改行されないの、消えたの、みたいな不安定さでわたしは毎回ネイルが膝まではみ出たみたいな感覚を味わっています。

書店でうろうろする

最近けっこう某大型書店へ行くことが多い。きっかけは特になくて、以前からずっと会社の通り道に建っているのも知っていたんだけど、それほど利用していなかったそこに何故か最近、足を運ぶようになっていた。本屋で過ごすのがけっこう好きだ。大学生の頃も登下校中にある本屋をしょっちゅううろうろして、小一時間くらい滞在しながら何も買わないで出てくることも多かった。

 

その書店は本の並べ方が良いと思っている。入り口から見える雑誌コーナーを進んでいくと食の本、レシピ本、それから文庫とつづいていってその後に地味に開設された「おすすめ本」ていうのがある。その先には文房具類。そのおすすめ本はどんな基準で選ばれてらのか分からないけれどけっこう惹かれるものが多い。それから文房具コーナーが棚二つ分くらいあるんだけど、それがけっこう良かったりする。その為にその書店に寄っている自分がいたりする。いつもシール高いなあと思ってたんだけどちゃんと内容が更新されていたので「おっ」と思った。文房具類、とくに買う必要も使う先もあまりないんだけれど12色入クーピーとか見ると何故か欲しくなってきて、あれでもないこれでもないとやっているうち気付いたらその中で厳選した何か一個を買おうとしてしまってたりする。買う必要別にないのに。マスキングテープも、ボールペン、ペンケースも、いまや100円均一で全て買える時代になったけど、パターン化した100円ショップにあるものとは違う「正規の」(どっちも正規だけど)デザインにもたまに惹かれたりしてしまう。

そこでこれを買いました。

f:id:tmtkkiy:20170213173145j:image

探してたんですよね。しば犬のマスキングテープ。

 

哲学用語図鑑

哲学用語図鑑

 

 この間はこれを買った。おすすめ本コーナーにありました。

 

南極料理人直伝! まとめて1週間分の作りおきレシピ (TJMOOK)

南極料理人直伝! まとめて1週間分の作りおきレシピ (TJMOOK)

 

 この間買おうかどうか迷った本…鮭一本が出てくるやつ。私もいつか鮭一本で〜んと買って使い道に頭を悩ませてみたいです。

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 おすすめ本コーナーにいつもあるけど、買おうかどうか迷いつつ買っていない。高いからっていうのと、「私は嫌われたくないから」という意識がじゃまをしているような気がする。

 

 

ココイチカレーを再現させてもらった

ちょっと前から友達がココイチのカレー、ココイチのカレーとうっとおしいほどに話していたのもあってわたしたちは今日、着実に「ココイチのカレー」を食べる方向へ向かっていたのだけど、「節約」で頭の中がいっぱいの私はそうだ!買うんじゃなくってココイチのカレーを家で作ってみよう!と突然思い立ち、家で再現してみることにました。

レシピはネットで「ココイチのカレー」で検索すると出てくるサイゲン大介さんのものを利用しました。

 

結論から言いますがなかなかの美味しさでした。作ってみたいという人はレシピを検索するか本を買ってそちらを参考にしてみて下さい。

レシピはけっこうシンプルなのですぐに作れると思います。わたしが新たに購入したのは「白コショウ」と「中濃ソース」くらいでした。たぶん白コショウは味の決め手になると思うのでないと作れないと思います。あとはフライドオニオンが必要なんですがこれも玉ねぎと小麦粉があれば簡単に作れます。ネットって本当に便利ですよね。あれこれ手間も材料も本当は必要なものだけど、あるところに現れた人がその絡まった糸(「手間」「材料」)を「さっ!」とほどくかのようにそれを単純・効率化して私たちにそれを示してくれてゆくなんて。肝心の私はそれを見てこの身でもって体験して「すごい!」と感動しているに関わらず、次、やる時になったらすべて忘れ去っていてまたイライラしながらレシピを検索するところからはじまるなんて、いったいお前なんのために生きてるんだと思ったりします。

 

f:id:tmtkkiy:20170211203701j:image

 

以下まとめです。

★意外だった、面白かった点

・フライドオニオンの存在

フライドオニオンとは?料理に深みを与えるための揚げた玉ねぎです。そんな「手間」かかるもの自分にとって死ぬまで無関係、と思っていたんだけれど、今日ココイチカレーの再現のためにそれを知ることになりました。ただ揚げるだけです。

・焦がすところ

こげが旨味になる?!って百回くらいは聞いたことあるんだけど、確かめたことなんてなかった。でも、本当にそうだった!だってサイゲン大介が言っていたから!

・白コショウ

「あとからすーっとくる辛さを表現する白コショウ」これを、このカレー食べている間に振り払いたいほどに頭の中で復唱するようになるくらいそれはまさに「白コショウ」でした。黒コショウだと「ケハッッ!!!」となるような辛味だけれど、白コショウはたしかに「すー」っとくる感じ。というか洗脳か?倍量で作ったけどたった2グラムの白コショウは、それでもいい感じで効いていた。

白コショウと黒コショウの違いを調べてみると皮を剥いているか否かであるのでそれは多分赤ワインと白ワインのようなものなのだと思います。

・酢

酢?と思うけどたしかに本格カレーなるものにはヨーグルトが入ってたりするし、実際ココイチカレーっぽいものって酸味があるんですよね。辛味、酸味、旨味の融合みたいなことが書いてあったけれどまさにそう。それを再現するサイゲン大介さん、というよりもココイチはすごいと思わざるをえない。こうなると思い付きというのは金なのかもしれませんね(取って付けたように)けど、ちょっとした酸味って何故こんなに美味しいんだろう。

・豚肉くさい

レシピ通り作ったものには仕上げにインスタントコーヒーと酢をいれるんですが、それ以前のものがどうも豚肉くさくて不安がいっぱいだったので、わたしはローリエを2枚ほど入れました。そのおかげか、仕上げの二つを入れたからかわからないけど生臭みがなくなって美味しいカレーになった。煮込み時間がレシピでは十五分弱くらいだったんだけどわたしは多分三十分近く煮込んだと思う。

 

以上です。興味があれば皆さんも作ってみてください。