読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラブイズオンライン

つぶやき、料理、日記など

ルール無制限スーパー

なにも書くことが思い浮かばない。何故かっていうと誰にもなにも伝えたいことなんてないからである。今日もまたスーパーへ行ってきた。まったくスーパーへ行くことくらいの重労働はないとわたしは常に思っている。いっておくがスーパーへ行くのはスーパーへ行きたいからではない。スーパーへ行かないといろいろと困るから結局はスーパーへ行かさるというただそれだけの理由である。スーパーで買い物すること自体もさることながら(過去の日記参照)私はまず袋詰め作業が苦手だ。せっかく優秀そうなレジ店員さんが効率よくカゴに入れてくれた品々を、てきぱきと一番いい形で袋に詰めることがわたしはできない。要領が悪いのだ。わたしは自分がそれを上手く「できない」っていうことを知っているからもう最初っから無様な感じでそこに存在させられているダサいババアでしかない。もう一人暮らしも長くて、OLになりたてだとか新米主婦の部類でもないはずなのに、私はあのテーブルにいるあいだは劣等感にまみれている。ひとつ言いたいんだけど、どれだけ店員さんがあれをカゴに効率よく入れていたとしても袋詰めする時点でそれが全てアダとなるような気が私はどうしてもしている。重いもの、デカイものは下に配置されていて、レジ店員さんがこなれていればいるほどにそれはぎっちりと寸分の狂いもなく重い→→→軽いで配置されているのだから、つまりはそれを袋に丸写しするためにはカゴの下のものから抜き出して、袋詰めしなきゃならないっちゅーことなんか?と思ってしまうのである。私は神経症もち気味なのでこういう世間では当たり前とされているが実はオカシイことに対してさぶいぼが立ってしまいそうなくらいのわずらわしさを感じてしまうことが時々ある。だからわたしは「んもお〜!」っていうきもちで、下の方から豆腐だの芋の袋詰めだのを引っ張り出してレジ袋の下の方は詰めたりするんだけど、どうにもちゃんとできない。ビンはガチャガチャするし下に入れたいものはかごの奥深くに埋まっている。そもそも、そもそもなんだけど一週間分の食料はわたしの手の中に入りきらない。豆腐をどこに入れればいいか分からない。小袋に入れるものがたくさんあるのはわたしがどこかで間違えたからなのかもしれない……冷食とか人参、芋なら分かるのに、ジャムのような小さいビンとか大根やネギのように形に無理があるものを「皆、どうやって入れているのかな」と考えたりしてそんなこと今更分かってないのは自分だけなのかもしれないと思ったりする。けどもしかするといまだにエコバックを家から持ち出すのを忘れる自分が悪いのかもしれない。けど「もしかすると」「そもそも」「生きる」ということ自体は「消費」でありそれはつまり「スーパー」へ行くわたしが「そもそも」間違えていたのかもしれない。

あとはビン、牛乳、肉類とかも一体どの辺に入れればいいのかわからない。何なのかな。実際どんな形でも、「はいれば」どうでもいいとは思うんだけど、けど後からデカイ缶詰めとか出てきたときの驚きとかこいつをどこへ入れればいいんだ?みたいな焦燥がつのっていってどうしても最後にはスーパーへもう二度と来たくないっていう気持ちになってしまっている。こんなにもこんなにも食に関する荷物を抱えている食欲だらけの自分を自覚しながら帰路につくなんて恥ずかしいことを何故人間は平然とやってのけるのだろうとすら思う。皆、間違えている。「そもそも」狩りをしていたころは…そういうことを考えているとこのまま「矛盾」を含んだ存在として荷物20キロ抱えたまま海へ飛び込みたくなってしまったりする。消えたいのだ、わたしは。今日もまた「生きたい」という醜いエゴを剥き出しでスーパーへ行ってしまったのである。わたしは負けたのである。わたしは、使い道のないグレープフルーツなんかを買ってしまった馬鹿でしかない。

 

わたしは精神が弱い。

苦手なことを「苦手だ」って自覚して、それを他人にいったり任せたりすることが出来るようになったのはごく最近のことである。わたしがこういうことを書くのは理解しがたい癖を他人様に理解してもらって「馬鹿だから、出来ないんだな」と思って、あわよくば手伝って貰えなかったとしても少なくても慰めてもらいたいからなのだと思う。怠慢っていうよりはマジでそれが苦痛なのである。

 

スーパーを出るとき、わたしはルール無制限ボクシングで負けたあとの選手のような気持ちでいる。(嘘です)

本気出してコーピングしてみた

こんばんは。もう気が付いたら四月ですね。

ところで皆さんコーピングって知っていますか?これは簡単にいうとストレス発散方法のことです。テレビによると宇宙飛行士の方達なんかは過酷な環境で働き続けるためストレスを小出しに発散することを意識的にやっているそうで、テレビでは私たち一般人もその自分なりのコーピングでもってストレスを早めに解決しておいたほうが後々はかどる、みたいな感じでやっていました。

わたしはたまに絵を描くことでストレスを発散している気がします。大人の塗り絵、みたいなイメージをしてもらえると良いと思います。わたしの場合強いストレスを感じていたり、モヤモヤしているなんていう時は「ハッキリした線で」「ハッキリした色」のものを書き殴りたいってよく思います。

f:id:tmtkkiy:20170401211154j:image

ビシーッッ

 

絵でするストレス発散というのは心に浮かんだイメージを具現化するというただそれだけの作業なんですが、不思議とスッキリいたします。

 

ある時は

f:id:tmtkkiy:20170401211654j:imagef:id:tmtkkiy:20170401211700j:image

f:id:tmtkkiy:20170401211705j:imagef:id:tmtkkiy:20170401211709j:image

f:id:tmtkkiy:20170401211712j:image

世の中に色んな人がいるなあ〜と漠然と生きているわたしなんだけれど、そういったパターン、いわゆるイデアを具現化してみました。この日は色んな男の人がテーマだった。

 

なるべく、思いつきを考え込まずに描くという自分ルールを決めているので、そのまんま、出来たてホヤホヤのわたしそのものに近いイメージを描けていると思います。(自負)

f:id:tmtkkiy:20170401211859j:image

今日は幾何学模様が浮かんだ。書いている途中、何故か笑いが止まらなくなってきてしまいました。わたしの深層心理に「おっぱい」が見えてきたことによるかもしれない

f:id:tmtkkiy:20170401212023j:image

葉っぱが生えてきたから、正直びっくりした。

f:id:tmtkkiy:20170401211942j:image

もっともっといったるで!

柔毛!柔毛じゃないかこれは!!

f:id:tmtkkiy:20170401212100j:image

柔毛を描いている最中何故か突然山間からの太陽が浮かんできた。

イメージが急速にしぼみ、漠然としてきたことをわたしは気が付いていた。もう無意識のエッチングはおわりだ。ここからは「意識」が登場するであろう。

f:id:tmtkkiy:20170401212131j:image

そのとき、ガラス越しの外の景色みたいに犬うさぎが浮かんできた。

f:id:tmtkkiy:20170401212207j:image

「笑かそう!」という方に意識が向いてきた。

一応前のイメージの輪郭を踏襲しております。

 

 

 

 

今日のコーピング、以上です。

南極カチコチ大冒険を見て…

こんばんは。

日本列島は春休みを迎えていますが、皆さんはお元気ですか?私は姪・甥たちとともに独身のおねいさんという立ち位置で映画どらいもんの「南極カチコチ大冒険」を見てきました。面白かったです。正直にいうとドラえもんの母性が消えていて何かがおかしい感じがするとかのび太がもっとダメなやつであってほしいという感想もあるんだけど、その辺を子供たちは既に全て飲み込んでおられてわたしのような部外者がワアーワアー言うのは野暮な感じがするので割愛したいと思います。

ネタバレになりますが最後の方ドラえもんが十万年後ののび太たちのためにパオパオを冬眠させて道具を託す場面から、最後の十万光年離れている星を見ながらの終わり方までものすごく感動してしまって涙が止まらなくなってしまいました。私は絶対これは藤子不二雄先生の作った話をリメイクしたものだと思ってたのになんとこれはオリジナル作品なんだそうです。(何故かそれを知って感動したことを他人に話したくなくなったわたし)感動を自分なりに考えてみたんだけれど、それをポエムという形で置き換えてみました。

 

夕陽が落ちるのを見ながら
僕は一人で
風の冷たさに震えている
君のいる場所でも
こんなふうに夕陽が落ちるの?
出会ったばかりの僕たちは
互いの言葉で互いの星を教え合った
その時の君の子供みたいな顔
はしゃいだ声を忘れない
一人でいる夜は冷たくて寂しくて
君はいまどんなふうに過ごしているの?
僕たちを繋ぐ糸は一つもまだないから
僕は君との思い出をまたひとつ思い出す
泣いていて
笑っていて
いつも怒っていたきみは
今ここにいなくても
傍で笑っているように僕には思えるんだ
まだ言ったことがないけれど
君の故郷の景色は
僕のおばあちゃんの家に似ていて
だからいっぺんで君を好きになったんだ
泣かないで
笑っていて
怒ってくれていいよ
冷たい夜には君の冗談を思い出して
僕にはない
君のまっすぐな瞳思い出して
一人でいる時も僕は
良く生きようと思うよ
良く生きようと思うんだ

 

 

以上です。おやすみなさい。

 

お気に入りのスニーカー

今週のお題「お気に入りのスニーカー」

 

学生の頃、靴といったらこの世にはスニーカーかローファーしか存在していないのだと思っていた。だから普通にスニーカーを何色も持っていたし、靴を買い求めるにしても「どのスニーカーにする?」みたいな感じでいたと思う。今でもそういう傾向があったりして、しかし街でも同じような思想とともに生きているスニーカーおばさん達(だいたいおばさん)を見かけたりすると我が母に対する郷愁のような哀愁のような、なんていうか「かなしい」ような気持ちになる。以前からずっと、「靴にはその人の全人格が出る」みたいな考えがあるけれど私はあれが嫌で、なぜかと言うとどうしても靴だけは手を抜いてしまうからだった。どうしてもいつも、ゴミみたいにボロボロになるまで履いてしまうし、「これ」って決めたら一足だけ毎日履いてしまうところがある。私はトイレ掃除もするし、歯磨きもするし、玄関の掃き掃除やお礼状も忘れない。でもおもにファッションに関して、それも足元の方にくるとどうしてもそこは靄がかって「見えない」のである。誰にだって盲点が存在するでしょうが!!!私はそういう「靴全人格内包説」を論じるようないかにもちゃんとしてる人間に言いたくなってしまうのだ。

そんなわたしはコンバース系のスニーカーが好きで、いわゆる機能系スニーカーよりもアメリカっぽいスニーカーの方が好きです。(私のスニーカーに対する視野、ここまで。)一時期カッコいいと思ってくるぶしまであるやつを履いてたりもしたけど「ものすごく」履きにくくて脱ぎにくいので捨てるときゴミ箱に叩きつけるようにして捨てたような思い出があります。そのスニーカーも、ボロボロに汚れるまで履いていた気がする。

今は黒いスニーカーをおしゃれだと思い込んで履いています。

アイスボックスクッキー

こんばんは。依然として書くことがないので、今日は週末にしたクッキー作りの写真を上げたいと思います。

最近、セリアに売っているスイーツ手作りシリーズがけっこう好きで、いろんなのを選んでは空いた時間に作ったりしています。100円といえどもけっこう美味しいのが作れるし、ちょっと手を加えたり工夫をすると人にあげれるくらいりっぱなのが出来て満足感にひたることができます。

f:id:tmtkkiy:20170323173507j:image

最近わたしがハマっているのは「アイスボックスクッキー」。セリアで買った抹茶クッキーキットの中身が「すんごく!」少なかったのでそれだけではもの足りず、家にあった小麦粉を使って本格的なアイスボックスクッキーも作ってみました。それが上の写真。

簡単★アイスボックスクッキー 話題入り! by ころすけ*チョッパー [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが263万品

参考レシピはこちらです。

 

このレシピにはな、な、なんとバターが一箱分も入っています!

f:id:tmtkkiy:20170323173727j:image

 

お菓子作り初心者はついここでビビってしまい減砂糖、減バターに走ってしまいがちですが私はミドル初心者であるためバター一箱分を消費してみることにしました。

というか、ただ単に冷蔵庫にバターが2.5箱分あったというだけだったりします。

バターと小麦粉、砂糖を混ぜたあと冷蔵庫で何度か寝かせるなどしてさいごはイチバンたのしい「切る」作業です。ここは粘土遊びでしかありません。

f:id:tmtkkiy:20170323173944j:image「ワア〜!」みたいな

 

f:id:tmtkkiy:20170323174103j:image

天板に並べる。

渦巻き模様に失敗しました。こういう、何かを作る作業において8割くらい完成してきた時点でつい気持ちが急いてしまい、残りの二割が超テキトーになってしまう、ということがよくあります。内田春菊のエッセイでもそのようなことが書かれていて「あわてないあわてない、クールダウン、クールダウン」というコメントがあったのをわたしは記憶している。

たしかにめちゃ息切れしてラストスパートしている自分がいるような気がする。

ハア〜ッ!

ハア〜ッ!

アイスボックスクッキー!

アイスボックスクッキーハア〜ッ!!

f:id:tmtkkiy:20170323174319j:image

焼けました。

う〜ん、ビューティフル!ワンダフル!エキサイティング!!マーサだったら「たまらないワ〜っ!!」って言ってると思います。

 

アイスボックスクッキー、小学生の頃私の友達の母親が作るの好きでよくそのおこぼれをもらっていたっていう思い出のあるクッキーです。

その子はすごい遅刻魔で、登校の待ち合わせでも普通にいつも遅刻してきて、ある時お詫びなのか何なのか知らんけどアイスボックスクッキーを「はい」って渡されたのにわたしは「歯ブラシしてきたから!!」って言って食べなかったという、どうでもいい思い出があります。

自転車の乗り方を忘れていない

この間友達と話している時にほくろの話になった。その時に口の周りにあるほくろのことを指摘されたのだけど、その時にわたしは殆ど数年ぶりかというくらいに自分のほくろのことを思い出したのだった。そういえばあったな…今日それをふと思い出して鏡で見てみたところ記憶のなかのほくろよりも数倍デカかったので爆笑してしまった。ちなみにわたしの顔の左側にはほくろがいっぱいあるんだけどこれは学生時代に教室の窓から直射日光を浴び続けたせいだと思っていて、そのことをいろんな人に説明して来たんだけど、誰からも明瞭な「うん」という反応を聞いたことがない。

忘れていたことはけっこうある。昔からなんとなく変なことだけ覚えていることはあって、姉の自転車のチェーンの暗証番号を覚えていたのがわたしだけだったこともある。記憶は、わたしのなかの「数字、文字」フォルダそれから「なんとなくごったごたにはいってる」フォルダがあって、そのごったごたのくくりの中にいろんなサイトの暗証番号が何個くらいかはいっていると思う。たとえばiPhoneのAppleI.D.とかも「I.D.は?」と聞かれるまでおもいだせない。最近それがだんだんと雲がかって来ているというか、これは「消去」のほうに向かってるのかもしれない感じになかなか出てこなかったりしてたまに焦る。一文字目…「う」それから「え」でもない「ん」だったかな…えっと、、みたいになったらもう終わりだ。AppleI.D.さようならでしかない。

それから自分の年齢も時々思い出せない。こんなことを言ったら周りから「ウソウソ〜!」と言われそうだけど三十を超えた辺りからそれは「だいたい三十」「だいたい四十」くらいの認識しかなくなってきており、誕生日もまったく祝わなくなったことから頭の中の書き換えが上手くいってないのもあると思う。これが去年の誕生日、ケーキを食べるかクッキーを食べるかで彼氏と喧嘩して、家を飛び出したとかならすぐに「三十三!」とか出てくるのかもしれないけれど、そういった思い出が存在しない今日この頃、どれが何歳の誕生日だったのかという記憶を選ぶ余地すらなかったりする。ない。なかった。去年の誕生日なかった。誕生日に自分でKindleを買ったら数千円だった記憶はあるけどそれが一年前〜三年前くらいのどこの記憶なのかが分からない。ちなみにKindleをもう使っていない。それと同様に自分の年齢も三十五か三十六か分からなくなることが多い。たしか三十六だった。たしか。でも…もしかしたら、三十七だったかもしれない…って不安になってくる。多分これは「言ってみた年齢より実際の方が歳くっていたというミスを犯したくない」不安からくるものだと思う。

よく自転車の乗り方、泳ぎ方は何年経っても忘れないというけど確かにそうだ。しかもそれもまたそれに直面するまで忘れているように思える。けど自転車の乗り方とかに対して不安になるような事はない。わたしが最近不安に思うのはパスワードの事に対してである。YahooI.D.それから家のポストの暗証番号、銀行の暗証番号、こんなにもたくさんの重要案件がぜんぜん見えない蛍光マーカーで脳みそに重ね書きされているのみということに三十五の今、初めて不安を感じるようになったのである。というのもこの間初めてAppleI.D.を入力するときに1秒くらい詰まったことにもある。私は自分の記憶すら整理整頓が出来ていなかったことにようやく気がつき、その後は全てメモするように気をつけています(銀行の暗証番号以外)。しかしその後「で、そのメモをどこに置く?」みたいな不安も出てきたりして、こういった思考回路でもって人は遺言と遺産相続に手を出し始めるのかもしれないと思ったりする。

いま、イチバン食べたいもの!

こんばんは。最近書くことがまったく思い付かなくて困っています。今日はさっき漫画読んでて思い付いたいま、食べたいなあと思うものについて書いてみようと思います。

 

赤飯

 

赤飯をこの数年で何度か食べた。どれも自分でつくったものではなかったんだけど美味しかった。赤飯自体はそれ程うまい料理ではないし、たまにおもち系がものすごく好きっていう人がいたりもするけどわたしは普通だったりします。けど、「わざわざ」作ってくれたっていうのとか、ピンク色のかわいい料理っていうことに対して「ギョギョ!」っていう感じで感動してしまうんだと思う。

 

駅弁

 

今ちょうど漫画に駅弁が出ていたんだけど駅弁がどうしても食べたくなってしまった。幼い頃、寝台列車に乗ったという思ひでがなかなか脳裏から消えてなくて、あの時の興奮、夜の心細さと旅への期待、それから「駅弁」という未知が「え」「き」「べ」「ん」という単語に込められた魔法みたいになっていて、それらすべてがドドドドーーーッッ!と迫り来る感じがある。

 

 

最近一人で酒を飲むことに意味を見出せなくなっている。昔は酔って酔って体が浮かんできたような感覚がつかめるくらい酔うまで飲むのがなにか楽しいとおもっていたんだけど今はもう「それが何?」みたいな感じになっている。酔うというより「疲れ」しか感じない。多分お酒に酔っても酔い方があって、わたしはワイン、ビールとかだと酔えない体質なのかもしれない。ウイスキーは胃が辛い。いい感じで酔えるのは日本酒で、それもメーカーによってはぜんぜん酔えないのもあるのに、どれがどれだか覚えられてなかったりする…確実なのは「月」と「温情」というやつです。

「月」と「温情」というやつです。(メモ)

でも結局なんだかんだ言いながらほぼ毎日飲んでいます。

酒を飲みながらよしえサンとかクッキングパパみたいな漫画を読むのが好きで「こういうツマミを作るのか…」と思いながら突如立ち上がり、何かよくわからないものを作って飲んだりもしている。けどこういう時、というかいついかなる時も冷静で客観的な「メタ自分」みたいなやつがそれをする自分を見下ろしていて、「35歳女、一人で夜の11時にイカを解凍して居ます」みたいな感じになってきたりして、それを認めつつも聞き流す(全てを受け入れる)くらいになってきていてつまりは、どうでもよくなってきていて一人ってほんとヤバイなあと思う。

 

チーズケーキ

 

最近、チーズケーキがすごく食べたいと事あるごとに思う。ビスケットのかたい生地の上に、甘酸っぱくて濃厚なチーズクリーム……小さい頃はチーズケーキのどこが美味しいのかまったくわからなかったのに、今はむしろスポンジケーキをスポンジくらいの価値しか見出せないくらいにチーズケーキが好きだったりする。チーズケーキ、チーズケーキ、わたしのチーズケーキ。それを「食べたい!」って思ったのはピンタレストに載っていたのを見たのがきっかけだったと思う。それでどうしてもチーズケーキを食べたくなってモリモトで買った冷凍のチーズケーキが安いのにめちゃくちゃ美味くて、どうしてもまだ食べたいと思ってしまっている。

 

 

マスキングテープの話

f:id:tmtkkiy:20170320222756j:image

ところで最近またマスキングテープを買いました。マスキングテープって使い出すと癖になるところがあって、その存在感、使い心地、「仕上げにピッとやる」その感じが忘れられなくて何でもかんでも「マスキングテ〜〜プ」でいくっていう感じがわたしの中で出来上がってしまった。そうするとおのずと買い物している時も雑貨屋へ行き、そこでマスキングテープを探している自分がいたりするのであった。マスキングテープを選ぶときのこつに最近私は気がつきました。これは用途にもよるかもしれないけどイラストがごちゃごちゃしていないっていうところにあります。なぜかというとわたしはマスキングテープの上に文字を書きたい派だからです。いくらイラストが可愛らしくても、ごちゃごちゃしていると油性ペンで名前を書き入れた時に何が書いてあるか分からないので結局あまり使わなくなってしまうのです。そのせいで、いくつかあるマスキングテープの中でも何故か地味な雲模様のイラストのばかり使ってしまっていた。けどそれにもう気づいた私はイラストにこだわらずに色で選んでみることにしました。マスキングテープの選び方、それは洋服選びに通じるところがあったのだと今、書いていて気がついた。マスキングテープをマスキングテープのみで使う機会なんてなく、マスキングテープは必ず何かに封をするとき、または添え物として使われるのだとしたらそれは「シャツ」もしくは「キャップ」「キーホルダー」選びに通じることがあるのだと思う。だから自分の普段着るテイストに合わせたのか、もしくはきゃりーぱみゅぱみゅみたいにすべてパステルカラーで統一してみるのも悪くないと思う。

 

 

f:id:tmtkkiy:20170320224244j:image

f:id:tmtkkiy:20170320224249j:image

今日もブログを読んでくれてありがとう!これは私の頭の中にあった「イメージ画」です。